2006年からノマドで妻子アリ男の生活とか考えとか

ノマドを10年やったらこうなったライフ

ふるえるマインドフルネス

情報化社会でマインドフルネスが持て囃されるのは「視覚」に理由がある

更新日:

 

この記事の内容ですが、要約すると多分こんな感じになります↓

 

現代は「情報が溢(あふ)れている時代」だと言われる。

しかし実際増えている情報って、ほとんどが「視覚情報」じゃない?

つまり今は「視覚バブル」が起きているのではないか。
(実際、人が得る情報の八割から九割は視覚に由来すると言われている)

マインドフルネスはここ最近、特に大きく持て囃されるようになった。
これは「視覚バブル」と関係があるのではないか。

というのもマインドフルネスには、視覚情報を大きく減らす効果があるから。

例として、「目の見えない人は世界をどう見ているのか (伊藤亜紗著)」
に書かれている「大岡山の話」がとても面白かった。

 

で、「↑の話の続きを見てみたい」という方はいらっしゃったりしますか?

まあ誰からも興味を持っていただけなかったとしても、気が向いたときに続きを書こうとは思っています。

ただもし「興味がある」という方がいらっしゃるのなら、できるだけ早く続きを書く所存です。

(コメント欄に「興味アリ」とご記入お願いできれば幸いです)

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

-ふるえるマインドフルネス

Copyright© ノマドを10年やったらこうなったライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.