2006年からノマドで妻子アリ男の生活とか考えとか

ノマドを10年やったらこうなったライフ

ふるえるマインドフルネス

マインドフルネスのコツは「視覚情報を減らす」こと

投稿日:

 

マインドフルネスでイマイチ効果を感じられない原因の1つは「視覚情報が減っていない」ことにあると、私は思っています。

で、どうすれば視覚情報を減らすことができるのか?

「日々視覚によって感じているものを、他の感覚に置き換えてあげる」やり方がなかなか良いです。

もっと具体的に言えば「マインドフルネスは、視覚を触覚と固有覚に置き換えること」だと私は思っています。
(もちろんこれがマインドフルネスの全てではありません。あと固有覚は知らない方も多そうなので、今回は触れません)

実際マインドフルネスって目を瞑(つむ)るものが多いですよね。

歩く瞑想(マインドフルネス)なんかは、まさしく足の裏の触覚を繊細に感じることが重要ですし。

「目を瞑っているんだったら、それだけで視覚情報は減るんじゃないの?」と言う方がいらっしゃるかもしれません。

はい、確かにそのとおりです。そのとおりなんですが、目を瞑っても視覚情報ってあふれていますよね。私たちの頭の中に。

例えば想像。想像は心の中に思い「描く」ことです。

私たちは想像のほとんどを視覚的に見ていますよね。

もちろん例外もあります。

ミュージシャンはまだ聴いたことのないメロディを想像するかもしれませんし、ソムリエは経験したことのない香りを想像するかもしれません。

想像と似ていますが、幻覚もそうですよね。

幻覚というと、そのほとんどが「幻視」のことを指します。

 

 

と、ここまで書いてちょっと疲れてしまいました。

なので尻切れトンボ状態で恐縮なのですが、今回は取りあえずここまでとさせてください。

ちなみに「この話の続きを読んでみたい」という方はいらっしゃったりしますか?

まあ誰からも興味を持っていただけなかったとしても、気が向いたときに続きを書こうとは思っています。

ただもし「興味がある」という方がいらっしゃるのなら、できるだけ早く続きを書く所存です。

(コメント欄に「興味アリ」とご記入お願いできれば幸いです)

どうぞよろしくお願いいたします。

-ふるえるマインドフルネス

Copyright© ノマドを10年やったらこうなったライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.