2006年からノマドで妻子アリ男の生活とか考えとか

ノマドを10年やったらこうなったライフ

「ふるえるマインドフルネス」 一覧

no image

マインドフルネスのコツは「視覚情報を減らす」こと

  マインドフルネスでイマイチ効果を感じられない原因の1つは「視覚情報が減っていない」ことにあると、私は思っています。 で、どうすれば視覚情報を減らすことができるのか? 「日々視覚によって感 ...

情報化社会でマインドフルネスが持て囃されるのは「視覚」に理由がある

  この記事の内容ですが、要約すると多分こんな感じになります↓   現代は「情報が溢(あふ)れている時代」だと言われる。 ↓ しかし実際増えている情報って、ほとんどが「視覚情報」じ ...

「鬱を一発で治す方法」を10年以上実践している私がその効果を書いてみる

先日こんな記事に触れた。 【朗報】鬱を一発で治す方法、ついに見つかるwwwwwwwwwwww - 思考ちゃんねる 要約すると以下のような内容だった。 単純なまとめ ・生活に支障がないレベルで左右の利き ...

瞑想における「物語論」への違和感を魚料理にたとえて説明したい

ミャンマーの著名な僧侶であるウ・ジョーティカ氏は、このように仰っています。 あなたがプロセスを解釈した時、それは物語になる。この瞑想において、私たちは何も解釈せず、物事を組み合わせることもありません。 ...

「悟らなくたって、いいじゃないか」が面白かったのでツマランという人の意見に触れてみる

「悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門」 (幻冬舎新書) プラユキ・ナラテボー (著), 魚川祐司 (著) この本の面白さについては、また別の機会に書くとして。この本がつまら ...

「悟りを開く」の意味が分かったかもしれないので書いておく

結論から先に書くと、悟りとは「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!」ということだと私は思っている。 どういうことか、説明していきたい。 言うまでもなく、人は五感(視覚、聴覚、嗅覚、味 ...

ヨッピーさんの記事を読んで瞑想とは何なのかを書いてみる

ヨッピーさんの瞑想についての記事を読んだ。 srdk.rakuten.jp この方の記事は、だいたい最後まで読んでしまう。最後まで読める記事は良い記事だ、と私は思っている。なので、ヨッピーさんの記事は ...

アダム・スミスの公平な観察者と永井均氏の比類なき私

以前、このような本を読んだ。 道徳感情はなぜ人を誤らせるのか ~冤罪、虐殺、正しい心 作者: 管賀江留郎 出版社/メーカー: 洋泉社 発売日: 2016/05/11 メディア: 単行本 この商品を含む ...

「幸せになりたい」という考えが、いかにバカげているかという点について

タイトルをよく見て欲しい。これは決して、幸せになりたいという人をバカにする話ではない。前提として、まずそこはご理解いただきたい。 そもそも「幸せになりたいか」と聞かれて、NOと答える人はまずいない。い ...

右脳という点で瞑想と絵を描くことは似ている

私は絵が下手だ。多分、小学生のときにはすでに下手だった。下手のまま、なんの努力もしていない。なので、今も下手なままだ。 いや、努力していないというのは正確ではない。努力しようとした時期があった。あれは ...

Copyright© ノマドを10年やったらこうなったライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.